包茎治療にはどのくらいの痛みがともなうのか?

 

包茎治療にはどのくらいの痛みがともなうのか?

 

包茎手術に於ける治療方法としては糸で余計な包皮を留めたり、メスで包皮を切除するといったものが挙げられます。しかし手術をする場合は麻酔を当然使って行いますので痛みは全く感じないことが殆どです。その為、手術中に関しては特に心配はないと言えるでしょう。

 

麻酔が切れた後は痛みを感じるようになり、多くの方は患部がジンジンするような鈍い痛みを感じると言われています。痛みがある場合は痛み止めを飲むなどして対策を行いますが、薬で誤魔化せる程度の痛みでもあるのです。ただそうした痛みはしばらく続くことがあります。人によって程度の差こそあれ、大体1週間〜2週間位は痛みを感じたり違和感の残る状態になります。

 

それほど強い痛みを感じることはないようですが、ただ中には激痛を感じるようなケースもあるようです。特に縫合の仕方が良くないなど、ドクターのスキルが低い場合ですと痛みが通常よりも強くなってしまうこともあると言われています。

 

痛みを感じ易いタイミングもありますが、まずガーゼを交換する時です。かさぶたがあったりするとガーゼにくっつきますので、その際に刺激を感じてしまう可能性があります。他にも薬を塗る時や勃起をした時、排尿をする時にも注意をしないと痛みを感じてしまうこともあるようです。

 

手術が原因の痛みとして以上なような内容になりますが、他にも亀頭が露出していることによる痛みも感じるはずです。包茎の場合は皮によってずっと保護されていましたので、亀頭があまり鍛えられていません。それが手術をしたことによって亀頭が露出した状態になるのですが、それが原因で痛みを感じることがあります。ちょっとした摩擦でも刺激を受けますからただ歩いているだけでも痛みを感じたり、入浴をする時にもシャンプーなどで刺激を受けるかもしれません。ただ、亀頭をずっと露出させておくことで少しずつ強化されていきますので、こうした痛みは次第になくなっていくのが通常です。


>>【名古屋版】包茎手術・包茎治療でおすすめのクリニックは?