包茎は手術で治すべきなのか?

 

包茎は手術したほうがいいのか?しなくてもいいのか?

 

包茎を手術・治療をする必要があるのかというとは、まず第一に程度の問題となります。

 

真性包茎やカントン包茎のように健康に悪影響を与える場合には、放置をしておかずに手術をする必要があるということになりますが、平常時だけ包皮につつまれている仮性包茎の場合には見た目だけの問題となりますから衛生状態に気をつけてさえいれば後は本人や周りの人の気持ちの問題ということになります。

 

機能的に問題がなくても本人が深刻に見た目のことで悩んでいてコンプレックスを感じているというのであれば、手術をすることによってコンプレックスを取り除くことができますが、本人もパートナーも全く気にしていないというのであれば日頃から手入れさえしっかりとしていれば特に問題となるようなものではありませんから、リスクを冒してまで手術をする必要もないのです。

 

しかし、真性包茎などの場合には陰茎がんなどの病気のリスクが高まる可能性であったり、包皮が癒着をしてしまって排尿障害になるといったおそれがあります。

 

性行為の時に痛みを感じて、性行為自体が不可能となってしまったり皮を無理やり剥いて元に戻らなくなった結果亀頭が壊死してしまう恐れなどもあるため、このような場合には健康に対して非常に大きなリスクを負うことになってしまうので、手術をする必要があるといえます。

 

当然見た目のことを気にする人も多いのでしょうが、見た目以上に実害の大きなものとなっていますから悩んでいる人は治療をしたほうがいいということになります。

 

大事な部分の手術ですからどうしても不安を持ってしまうものですが、放置をしていても重大な事態になってしまう恐れもあるので重度の場合には病院で相談をするところから始めて見るようにしましょう。

 

包茎は全てが全て治療をする必要はありませんが、中には治療をしたほうが良い、手術をする必要があるというケースもあるのでそのようなケースに当てはまる人はまず相談から始めることが大切です。


>>【名古屋版】包茎手術・包茎治療でおすすめのクリニックは?