包茎治療の種類の解説

 

包茎治療にはいろいろな種類がある

 

男性の方は、自分が包茎だとすごくコンプレックスを感じてしまい、女性へのアプローチもなかなかできないという人も多いです。
コンプレックスを解消するために、クリニックで包茎手術や治療を受けたいと考える人もいますが、失敗した時のことを考えると怖くて手術や治療をおこなえないという人もいます。

 

できるだけ信頼できるクリニックを選ぶことが大事で、包茎手術経験が豊富な医師がいる所で治療を受けましょう。
包茎の人のほとんどが、仮性でありペニスが成長するとともに、自然に剥けることがありますが、身体の成長が止まるとペニスの成長も止まるので、包茎が自然に治るということは難しくなります。

 

包茎のまま放置をしておくと、恥垢がたまりやすくなり臭いや病気の原因になります。
真性包茎の場合は、性病にかかりやすかったり、早漏になりやすいこともあるので、成人になったらできるだけ早目に治療をすることが大事です。

 

包茎手術や治療はいろんな種類があり、それぞれにメリットデメリットがあるので、担当医と相談して自分にあったものを選びましょう。
手術を受けたことが他人にばれたくないなら、Vカット小帯温存法がいいでしょう。

 

手術前後と見た目がほとんど変わらないのが特徴です。
彼女と性行為をする時も、治療したことがばれることがないので、男性にとっては嬉しい方法です。
ただし別に料金が発生することがあるので注意が必要です。

 

クランプ法は、ペニスにクランプをかぶせその上に余った皮を乗せます。
その上からリングを被せて、リングのラインに沿ってメスで切除するものです。
この方法は失敗することが少なく、経験が少ない医師でも簡単におこなうことができます。
10分程度の短時間で手術が終了するので、忙しい人にはとても助かります。

 

クランプ法はサイズが少ないので個人にあわせにくい点や、レーザーを使用するので傷痕が目立つことがあげられます。
他にも亀頭直下埋没法がありますが、現在最も多くおこなわれている手術方法で、亀頭の下を切断し皮を縫合します。
縫合跡がほとんど目立たず、ツートンカラーになりにくいのが特徴ですが、医師の技量によっては、縫合が雑になることもあります。

 

 


>>【名古屋版】包茎手術・包茎治療でおすすめのクリニックは?