包茎と早漏の話

 

 

包茎は日本人男性に多くある症状です。そのままでも問題はないのですが、入浴時などきれいに亀頭を清掃する必要があります。きれいにしないと包皮腺からの分泌物や尿の残りなどが溜まりやすく病原菌を増殖させる可能性があるためです。不衛生になりがちなのが包茎ですので手術をして治療することで日々の手入れが楽になります。

 

手術を行い治療しておくことで垢が溜まりにくい状態になりますのでおすすめです。垢は放っておくと臭いを放ち不衛生ですので亀頭包皮炎になる可能性もあります。性交渉の際にも垢の臭いが気になるパートナーもいますのできれいに取り除いておくことが有効です。包茎ではない状態のペニスは乾燥しており衛生的です。包茎の場合は皮がかぶっているため、常に湿った状態になっており不衛生な状態といえます。

 

皮をかぶった状態でいる男性は性交渉の際に敏感に反応してしまいますので、早漏の人が多くいます。手術を行ってきちんと治療している人は亀頭が乾燥しており、下着や外部に常に触れている状態で慣れていますので早漏になりにくいといえます。

 

きちんと手術をすることによって温泉など自分以外の人に見られるときにも自信を持って入浴することができます。恥ずかしいことではないのですが、コンプレックスだと感じる日本人は少なからずいます。自分に自信をつけることができるのなら手術をすることも一つの方法です。包皮をきちんと治療することで陰毛が絡まって痛いということがないです。

 

包茎の場合は皮に陰毛が絡まり痛みを伴うケースがあります。排尿時や排泄時に起こりますのでそのような可能性も治療することで解消できます。また、包茎を手術で治療することによって清潔感を得ることもできますので性病になる可能性も少なくなります。

 

亀頭が乾燥して細菌が繁殖する環境ではなくなるためおすすめです。満足のいく性交渉ができるようにコントロールすることができるのも魅力の一つです。

 


>>【名古屋版】包茎手術・包茎治療でおすすめのクリニックは?