包茎といっても、その程度は異なりいくつかの種類があります。

 

包茎にも3種類ある?

 

勃起をしても亀頭を露出することがなく常に皮を被っている状態が真性包茎と呼ばれるものであり、これは見た目の問題以上に健康面での問題が大きなものとなっているので手術や適切な治療をすることが望ましいものとなっています。

 

次に無理をすれば皮を剥くことができるものとしてカントン包茎がありますが、これは真性包茎と比較をして皮が剥ける分だけマシなようにも思えますが無理やり皮を剥くと元に戻らなくなってしまったり、皮が亀頭を締め付けて壊死する原因の一つになってしまうのでこれもすぐに治療を行ったほうがいいものとなっています。

 

最後に皮を剥こうとすれば問題なく剥くことができ、勃起をした時にはほぼ完全に亀頭が露出するタイプは仮性包茎と呼ばれるものであり、日本人の多くの男性がこの状態になっているとされています。

 

ただし程度も人それぞれとなっていて、亀頭の半分程度皮が被っているという人もいれば通常時は完全に亀頭が皮で包まれてしまっているという人もいて、状態に関しては千差万別です。

 

健康面などの問題としては常に清潔さを保つように心がけ、綺麗に洗っていれば問題となることはありませんが、見た目にコンプレックスを抱いてしまうという人も少なくありません。

 

半分程度皮を被っている程度であれば気にしないという人も多いものですが、完全に皮を被っている場合には公衆浴場などに訪れた時に周囲の人の目が気になってしまうというケースであったり、性行為をする時に女性に見られて恥ずかしいという人もいます。
そのため、このケースは健康面の問題だけで考えた場合には特別手術などの治療をする必要はないのですが、どうしても人の見た目が気になってしまうという場合であれば、手術をすることによってコンプレックスを取り除くことができます。

 

このように包茎というのはいくつか種類があり、手術をするべきかどうかも変わってくるのです。


>>【名古屋版】包茎手術・包茎治療でおすすめのクリニックは?